働きながら加藤さん

タイミングからいきなり体外受精(IVF)にステップアップ。採卵2回、移植1回で妊娠、2016年4月に男児を出産しました。2017年は凍結胚をお迎えに行きたいと思っています。

名前:春朗
年代:30代
職業:会社員
家族構成:同い年の夫、2016年4月生まれの息子の3人暮らし

‐‐‐‐‐‐‐‐‐

生理不順は10代からずっと。
環境や生活のリズムが変わると生理が来ない。
放っておいたら3か月くらい余裕で来ないので薬で生理を起こす。
けどまた来なくなる。

こんななので自分は普通に妊娠できるわけないと思っており
結婚してわりとすぐに病院に通うようになる。

「近所だから」という理由で通い始めた最初の病院(内科・婦人科)では
エコーでネックレスサインが見えたため「多嚢胞性卵巣」と言われる。
ここではタイミング指導(クロミッド服用)3周期くらい。
引っ越しのため通院できなくなり、不妊治療自体も中断。

次の病院は引っ越し先から自転車で行ける場所の
不妊治療専門に力を入れている婦人科。
ここでタイミング指導(自然周期)を受けつつ一通りの検査をする。
卵管造影検査は異常無し。
フーナーテストが不良で人工授精(AIH)を勧められる。
仕事が忙しかったりでここでの治療も中断。
転職もして、年齢もそれなりなので本腰入れて不妊治療をすることに決める。

加藤レディスクリニック(KLC)に転院。
KLCでは採卵2回、移植1回で卒業できました。
こう書くとスムーズだったみたいですが…
IVFより受精率が高いはずの顕微で授精しなかったり、
KLCなのに誘発注射になったりとイレギュラーなこともありました。

2人目治療を開始するにあたって、記録を残しておこうと思い
ブログを始めることにしました。
1人目のときからいろいろなブログを参考にさせてもらっていたので
このブログも誰かの参考になったら嬉しいです。
プロフィール
id:shunlow
ブログ投稿数
22 記事
読者
1 人 hanakonokimochi