働きながら加藤さん

タイミングからいきなり体外受精(IVF)にステップアップ。採卵2回、移植1回で妊娠、2016年4月に男児を出産しました。2017年9月現在、凍結胚の移植周期。

KLC採卵周期その2(補足)

全部が全部蛇足みたいなこのブログですが、採卵周期その2の記事がいくら何でも長くなり過ぎたので、書ききれなかったことをこちらに書きます。

卵子の見た目について

2回目採卵でお話をしてくれた培養士さんは、若くてきれいですっごい塩対応の女性だった。腕がよければイイヨ!

このとき見せてもらった卵子のうち、MⅡのはまわりがもやもやというかジュルジュルというかかなり有機的な感じがした。初回採卵時に見たMⅠは「ツルツルまんまるできれいだなー」と思っていたけど、どうやらツルツルじゃない方がよかったらしい。

GVの卵は、まるいのも、縁が少しへちょっとしてるやつもいて、それはそれでカワイイけど難しいんだろうな~って素人目にもわかる感じでした。

採卵後の請求について

採卵当日に、採卵までにかかった費用はお支払いします*1が、顕微授精、培養、凍結にかかった費用は後から請求書が来た。6月初旬に来たので採卵からおよそ2週間後ですな。

この時の請求が思っていたよりずっと高くて震えたのを覚えている。分割胚1つ、胚盤胞3つの4つ凍結できたので凍結に追加費用がかかるのは覚悟してたけど、そもそも基本料金がけっこうするし、培養費用も高いー!!!!!しかし技術と安心ともろもろ込み、と思ってありがたくお支払いしますよ……。

凍結費用の請求のとき「1か月に満たない日数は切り捨て」と書いてあったので、月末に採卵→月初に凍結だとその月の分切り捨てられるので、ちょっとお得なんだと思った。うちは月中で凍結なのでまあまあ。

助成金の申請について

凍結できたら治療の1周期が終わった気でいたので、不妊治療の助成金を申請しようと思って受付に書類作成をお願いしたら、KLCでは移植して判定までしないと申請書類の作成はできないとのこと。このときの自分は、このページの表でいうとBに該当するので、移植しないとダメだったんですねー。なんか凍結すればいいのかと思ってた。もしかしたら他のクリニックでは、先ほどの表のDってことにして申請できるようにしてるのかも?とか思ってしまった。高刺激で誘発~採卵したら相当な金額になるもんねえ。

*1:当時は現金だったんだよねー。いまはカード払い可になったとか!