働きながら加藤さん

タイミングからいきなり体外受精(IVF)にステップアップ。採卵2回、移植1回で妊娠、2016年4月に男児を出産しました。2017年9月現在、凍結胚の移植周期。

大谷先生 怒りのお知らせロード

※追記しました(6/27)

受精卵の着床前診断をして日本産科婦人科学会から会員資格停止の処分を受けてしまった大谷レディスクリニックの大谷先生が怒りのお知らせを公開されていますね。

大谷レディスクリニック | 日本産科婦人科学会の不当な「処分」について

「『会員資格停止』とか上等じゃねえか!受けて立つぞこのクソ学会!!」という先生の怒りがヒシヒシと感じられますね。このページでは「クソ学会」とまでは言ってない感じですけど、以下のページだとそんな感じのことが言いたいんだなってオーラを感じるゾ。

着床前診断ネットワーク » Blog Archive » 名古屋市大の杉浦真弓、鈴森薫両氏の捏造論文と日本産科婦人科学会の会告について

 

 ちょっと茶化した風に書いてしまいましたが、自分は着床前診断に賛成です。医師も患者も「不妊」を「治療」してる(挙児を希望している)はずなのに、学会が医師に着床前診断をさせないことは、患者を挙児から遠ざけているとすら思います。そんな「治療」をしている医師や学会ってなんなんだろう。避けられる流産なのに避けないっていうのは、儲けたいにしてもやり方がヒドすぎる*1と思う。あんまりだ。

大谷レディスクリニック | 何百通も送って頂いた、皆様からのご声援、日本産科婦人科学会倫理委員会へのメールの一部のご紹介(個人情報保護のためご本人様の承諾を得て一部修正してあります)

このページにも、そういう患者たちの声がわんさと載っていてすごい。

日本産科婦人科学会倫理委員会に流産経験のある人っていないわけ?女性は何人かいるみたいだけど、妻が流産した…とかも含めたら一人か二人いるんじゃないの??それでもわからないのかなあ…

それに、着床前診断がダメで、着床前診断はOKっていうのが本当に理解不能。着床前診断で「産まない」って決める人なんかいくらでもいるのに。着床前診断の方が、いろいろリスクも負担もよっぽど少ないだろうに。

うまくまとまりませんでしたが、とにかく学会の処分には納得いかないです。最後に、大谷レディスクリニックに通っている患者さんをはじめ、着床前診断を必要としている患者さんみんなが望む治療を受けられて、希望を叶えられるように、ネットの片隅から祈っています。

 

***6/27 追記

大谷先生からのメールをブログで公表されている方がいらっしゃいました。「拡散大歓迎」とのことなのでリンクさせていただきます。

ameblo.jp

一部抜粋します。

実際にやっていることは正反対ですが、日本産科婦人科学会「産科学及び婦人科学の進歩・発展を図りもって人類・社会の福祉に貢献することを目的」としており、私は日本産科婦人科学会がこの本来の目的に戻るよう、可能な限り努力する所存です。

大谷先生はこんなお考えなんですね。日本産科婦人科学会が人類・社会の福祉に貢献してくれることを私も願ってます、マジで。

*1:最低にヒネてて、うがった見方をすると、移植と流産手術で2回お金がとれる…