働きながら加藤さん

タイミングからいきなり体外受精(IVF)にステップアップ。採卵2回、移植1回で妊娠、2016年4月に男児を出産しました。2017年9月に凍結胚を移植し、現在妊娠中です。

手足口病・ライジング

これ↓の続きです。

shunlow.hatenablog.com

結論から言うと、この時の発熱や発疹は溶連菌感染症ではなく手足口病でした。たしかに保育園でも流行ってた。*1うつったらいやだと思っていたのですが、もううつってた。お母さん知らなかったよ!!!!

土曜日に、溶連菌後の尿検査と8/12に行った培養検査の結果を聞くために受診しました。そこでDr.から衝撃のひとこと「このあいだねー、溶連菌いなかったよ☆」*2マジですか。迅速検査では陽性出たのに?「前の時の痕跡に反応しちゃったかな」とのこと。もう頭が「??」だらけですよ。そんなことってあるんだね???ちなみに尿検査も全く問題ありませんでした。

しかし、不妊治療をされている方なら検査薬があんまりアテにならないことはご存じでしょう。尿で検査する排卵検査薬が強陽性でも、きちんと排卵してるかどうかなんて誰にもわからんのだし!!!

脱線してしまいましたが「じゃあ、あの発熱はなんだったんだろうね?」という話になり、受診後に発疹が出たことを伝え、またDr.に撮っておいた発疹の写真も見てもらうと「これは手足口病だねえ」えええええー!マジですかあ。そうだったんだ。脱力。自分も手足口病だったのか?大人なのに…。

お休み中に手足口病になってくれた(?)のは良かったかなーと思います。そのために仕事を休まずに済んだので。迅速検査で溶連菌陽性だったのはちょっと意味が分かりませんが、とにかく今は元気なので、他の悪いものが身体に入ってきてもはね返せるよう、あまり無理をさせず、手は洗い、早寝を心掛けるようにします…ってなんだこの下手くそな作文みたいなブログ。でもほんと自分も気を付けたい。そして早く寝るようにしよう…移植目指してな。

 

*1:いまも流行ってるのかな?

*2:このDr.はあくまでも子供に向かってコミュニケーションされる方なので、こんな風にしゃべる