働きながら加藤さん

KLCで2人授かりました。タイミングからいきなり体外受精(IVF)にステップアップ。採卵2回、移植1回で妊娠、2016年4月に第1子を出産。第2子は2017年9月に凍結胚を移植し、2018年6月に出産しました。

産院で処方された薬に驚いた話

「処方された薬って何よ」って感じですよね。膣剤*1です。膣錠か?膣坐薬?とにかく膣に入れるヤツ。不妊治療でもよく登場しますよね。ルティナスとか。自分は不妊治療中には使ったことなかったので、今回産院で処方されたのが初膣剤です。知識としては知ってたけど、使ってみたらビックリした…というだけの話です。最初は「今さら膣剤にビックリすると思わなかった」ってタイトルにしようとして、ふと、はてなブログはタイトルに「膣」とか入れて平気なのかな?アカウント凍結とかされちゃうかな??と日和ってこの記事タイトルに変えました。

そもそもなんで膣剤が処方されたかというと、おそらく細菌です。「おそらく」って書いてるのは、ドクターからはハッキリ言われてないから。「膣がアルカリ性になっちゃってるみたいね」とは言われました。そして処方されたのが抗生物質的なやつ(うろ覚えだけどこれ)だったので、こりゃ細菌なんだなーと。

ここ数日、ドロっというか、ベタっというか、鼻水とかみたいな…まあまあヤベエ感じの見た目をしたオリモノ*2が出ちゃってて、これは次の健診で言おう、と思って報告。よくカンジタで出るって言う「カッテージチーズ*3のオリモノ」ではなかったです。あと痒みは無い。カンジタだとすごい痒いらしいですが、自分は全く痒みは無くて、見た目汚いけど臭いもないし、余裕ぶっこいてました。一応胎児への感染とかあると怖いので報告しとくかー、っていうノリで言ってみたら内診して即「洗浄しとくから、後薬入れてね~」って…。特にオリモノの検査とか無しで。*4そんな、見るからにバイキンの巣窟なのか俺は…。

前回の妊娠でもオリモノが増えて、水っぽいのが出るから尿漏れなのかなんなんだ?!ってことが一回あって、その時は一応膣洗浄して、オリモノは培養して検査して、なんでもないね!ってことになったんで、今回もそういう感じかな~と思ってたら違った。バイバイキーン…。

ところで、処方された膣剤が「え?なんかデカくないすか?」と言いたくなる大きさ。形も普通のタブレットみたいで、いわゆる坐薬みたいに「シュッ」とした入れやすそうな形ではない。大きさといい、形といい、包装された状態だとヨーグレットにしか見えないんですけど?これを入れろと。包みから出すと、錠剤自体は一回り小さかったので少しホっとしたけど、それでも直径15mmだってさ…赤ん坊の頭のデカさを考えれば別に余裕じゃん!経産婦!とか思うけど、やっぱりそれとこれとは違う…かな。

そして、実際入れてみて分かったのは、入れるのは別にどうということもない。しかし、その後がかなり不快…!なんかシュワシュワ?して染みるような感じがあり、溶けたナニかが出てくる感じ*5もして、気になって何かできる状態じゃなかった。もうこれは横になるしかねえ!でも何か染みて寝られない!!!という感じでした。看護師さんに「お風呂上りの身体がきれいな状態で入れてね」と言われたので、風呂から出て体を拭いた直後に入れたんですが、もうパンツはくのも「ヒャー出る><」という感じで難儀した。寝る直前に入れて、入れたら寝ちゃったほうがいいなこれは。染みたのは、多分子宮頸がんの検査もあったからかなあ?と思うのですが、あの感じは初体験でした。痛みとしてはそんなに強くないんだけど、とにかく初めての感じで気持ち悪い。座ってるとちょっと痛くて気になる、って感じでした。痛みの感じは膀胱炎に似てるような気もした。1時間くらいで気にならなくなったけどね。

不妊治療でフーナーテストとか卵管造影とかいろいろやってるし、人様のブログでは膣錠ってよく見てたから、オリモノシート付けて寝てれば平気でしょ!って舐めてたぶんショックでかかった出来事でした。あと6日間入れ続けなきゃならないんですよー。がんばれ自分。

あ、腹の中の人は元気でした。デカくなってるのはわかったけど、頭殿長とか教えてくれなかった。ちぇー。

*1:産院ではそう呼ばれていた

*2:卵白っぽくもあるけど、ノビオリとくらべたら確実に傷んでる卵白って感じ

*3:モロモロしてるってことだよね?

*4:ドクターが「培養とかしなくていいから」って言うのが聞こえた

*5:実際は何も出なかった