働きながら加藤さん

タイミングからいきなり体外受精(IVF)にステップアップ。採卵2回、移植1回で妊娠、2016年4月に男児を出産しました。2017年9月に凍結胚を移植し、現在妊娠中です。

クアトロテストの結果を聞いてきた

実は年末にクアトロテスト受けてました。結果を先に書くと、スクリーニング陰性でした。ダウン症の確率が約1/2500、開放性二分脊椎の確率は約1/5100、18トリソミーの確率は低い、という結果。この結果で自分は羊水検査は受けません。まあクアトロテストは確率しか分からないし、時代遅れなんじゃないかとか、受ける意味ないとか、いろいろ意見があるのは分かります。というか今回クアトロテストを受けてみて痛感した。「クアトロテスト、受ける意味あんまりないんじゃね?」と……。

まあ胎児にリスクが無いし手軽で金額が安いとか、一応メリットもあると思うのでやりたい人はやったらいいと思うんですが、一つ言えるのはこれ年末に受けるもんじゃないな~?!?ということ。妊娠15週からしか受けられないので、検査の時期を年末年始にしたくなかったら、妊娠する時期をコントロールするしかないですけど...。年末年始をはさむぶん、結果を聞くまでに時間かかったし、もし結果が微妙だったときの動きがものすごくとりづらい。受けるならもっと初期から受けられるスクリーニングテスト受ければよかった…っていうのが受けてみての本音です。自分は金額的なとこで躊躇してしまってクアトロテストにしたけど、違う検査にしていればモヤモヤしてる時間が短くて済んだかもしれないし、その後の動きは確実にとりやすかったと思う。次の妊娠(する気なのか)があればそうしようかなーと思いました。

いや、同じ病院(たとえば妊婦健診受けてる病院)でクアトロテストも羊水検査もできまっせ!っていうならいいのかもしれないですけど*1。自分がいま通ってる産院はクアトロテストを実施しておらず。「クアトロテスト?受けたいなら受ければ?紹介状必要なら書くよ。でも確率しか分からないし、最近受ける人いないよね~やらなくていいんじゃな~い」みたいなスタンス。

でも自分は前回の妊娠のときにそういう検査を一切せず、妊娠期間中けっこうずっと不安だったので2人目のときは何らかの検査を受けようと決めていました。前回の妊娠とは違って1人目(息子)もいるわけで、息子をきょうだい児にするのは申し訳ない、という気持ちもあって。ただでさえ貧乏暇無し2馬力でやってていろいろ我慢させてるのに、これ以上は...という感じです。だからスクリーニング陽性だったら羊水検査も受けるし、羊水検査の結果次第ではKLCに出戻るようなことになってたかと思います。

そんなこんなで近場でクアトロテストやってるところを探したら、不妊治療でも一時通ってたAレディースクリニックがヒットしたので、あんまりいい印象ないけど診察券もあるしそこでいいか~採血するだけだし~*2と思って予約したんですよね。予約の段階で「当院ではクアトロテストしか受けられません(スクリーニング陽性になっても羊水検査はできない)」っていうことをしつこく言われたので、納得して受けたつもりなんですけど、結果を待つ間に「これスクリーニング陽性だったら、どこで羊水検査受けるの?」「ていうかすでに17週なのに結果まだ出ないの???」っていう感じでモヤモヤがすごかったです。悶々としまくりで夫に当たったりもした*3

まあそんな感じでクソみたいな気分で検査結果を待っていたわけですが、その間に腹の中の人の胎動を感じるようになったりして「これ産むしかねえのかな…?」とか思い始めたころに結果が出て、陰性で。一安心でした。でも「カンペキOK!!」っていう気分ではない。クアトロテストだけじゃなくてどんな出生前診断をやってもやらなくても不安があると思うんですが、結局不安は不安なままなんですよね。どんな検査でもわからない何かがあるかもしれないし、そもそもちゃんと生まれてくる保証も無いし。

息子のときは産まれてからも不安で不安で*4お食い初めのころやっと「かわいい」と思えたんですよね。やっぱり今回も産まれて100日くらい経たないと「よかった」って思えないのかな~2人目なのにな~。あーあ。

*1:なんなんらその後まで面倒見てもらえるとディ・モールト・ベネ

*2:本来は「遺伝カウンセリング」が必要なハズなのですが、本当にほぼ採血だけで、あとは医師から軽く説明があっただけ…あれがカウンセリングなのかはちょっと疑問

*3:「妊娠してもいいことなんか一つもねえよ!!」とか言ったら悲しい目をしていた

*4:たぶん産後うつもあった