働きながら加藤さん

KLCで2人授かりました。タイミングからいきなり体外受精(IVF)にステップアップ。採卵2回、移植1回で妊娠、2016年4月に第1子を出産。第2子は2017年9月に凍結胚を移植し、2018年6月に出産しました。

胎盤の位置が低い、らしい

結局なんなんだ

診察に行ったら前回診察してくれた医師ではなく、院長の診察でした。*1「出血はいつあったの?」と聞かれ「そこから聞くのかよ!カルテに書いてないんスか?!」って突っ込みたくなったけどガマンした自分えらい。前回の診察前に排便したときの出血で、鮮血だったこと、その後は出血していないことなどを伝えました。

そしたら院長胎盤が低いって言われた?」って……全然聞いてませんけど?「前回のエコー見ると胎盤の位置が低そうなんだよねーだから今回も見せて」とのことで経腹エコーと内診と、両方やりました。両方とも何を見てるのかさっぱりわからないエコー画面だったうえに、経腹エコーのときかなりの圧で押されてちょっと痛かったので地味につらかった……。中の人も1秒くらいは見て「ハイ赤ちゃん元気ねー」って言ってくれたけど。

エコー後に「やっぱり胎盤が低めなんだけど、このあと上がってくる人も多いんだよね。次は金曜に診て、それで上がってきてればいいから」って。平日ッスかあーと思ったけど確かに土曜激混みなのでおとなしく金曜に再診することに。有給の残りがマジで心もとないんですけど、乗り切れるかなああ?!って有給の心配ばっかしてた。ごめん胎盤

出血も無いし「そんなに張らないでしょ?」って言われてウテメリン抗生物質の服薬は中止になりました。気が楽だ。薬剤師さんに言われた動悸の副作用はほとんど感じなかったけど、やたらソワソワする感じというか、手が震えたり、ちょっと普通じゃねえな、っていう感じになってたので服薬中止になってちょっと気が楽になりました。

結局、ハッキリ「低置胎盤」とは言われなかったけど、週数の割には胎盤の位置が低いっつーことなんかしら。よくわかりません。「前置胎盤」だったら言われると思うしねー。

できることもあるのかないのかよくわからず。寝てろ、って言われてないから寝てないけど*2、できるもんなら寝ていたいくらい毎日ダルいです。トコちゃんベルトは最近は毎日着けてます。でも職場で気付いたら2時間座りっぱなしとかザラなので、それは良くないなー。歩くのもあまり良くなさそうなので、職場の一駅手前で降りて歩くのは止めました。*3そもそも最近朝ギリギリで、そんな時間が無いということもある。

そんな感じで「胎盤上がれ~」と思いながら日々暮らしています。上がれ~!

最近の息子のこと

1歳9か月にもなったら、すっかり「赤ちゃん」じゃなくなってしまいましたよ。成長はうれしいけどさみしくもある。1歳8か月ごろから少しずつ2語文は出るようになっていたのですが、最近はさらに「ゆき、いーっぱいあるね!」とか「とうさんいないね」とか、自分の身のまわりの状況を言い表せるようになりました。「ちっち(主にうんちのこと)出た」っていうのも教えてくれるときもある。なぜか教えてくれないときの方が多い気がする。臭いで気付いて「出た?」って聞くと「うん」って。なんなんだ。あとおしっこだけだとオムツを取り換えたがらないことも多いです。むりやり換えようとすると、フルチンのまま脱走したりするしw

そんな感じで、すっかり“人”だなあ~と感心していたら、ついにイヤイヤ期っぽいのも来てグッタリです。「ごはんいやー」「ジャンパー着ない!」とか……毎朝なだめたりすかしたり泣かせたりしながら保育園に連れて行っています。食事の量も一時期より少なめになってしまいました。それに食べる種類も少なく*4家では野菜なんかほぼ食わないけど、なんとか元気でいてくれてるのはありがたい。

もしかして息子が泣いたり、自分にベッタリなのは、赤ちゃん返りもあるのかなあ……と少し思わんでもない。でもお気に入りのぬいぐるみをタオルでおくるみみたいに包んであげると「あかちゃん!」って言って大喜びで抱っこして、トントンしてあげたり、そういうこともしています。って言ってもまだ2歳前だしねえー。なるべくさみしい思いをさせないようにしたいと思う長子の自分なのであった。

*1:出血があった人は院長の診察になるらしい

*2:ちゃんと夜は寝てます、8時間くらい

*3:いまだに道に雪あるし

*4:ポテトが鉄板であとは気分で食ったり食わなかったりする